日本ゼオン、液晶テレビ用位相差フィルム第5系列の量産開始計画を2カ月前倒し、2015年2月から量産開始

2014年11月04日

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)は、富山県氷見市に建設中の液晶テレビ用位相差フィルム第5系列の量産を、2015年2月から開始いたします。

位相差フィルムは、液晶テレビの視野角※を広げるために必要な部材で、液晶テレビの画像品質向上に欠かせない材料です。当社の位相差フィルムは高透明性、低複屈折、低波長分散、低光弾性などの優れた光学特性を有するとともに、低吸湿性、高耐熱性などの優れた寸法安定性を有していることから多くのユーザーに採用されてまいりました。

今後も液晶テレビ市場は、安定して成長していくことが予想されることから、当社では5系列目の生産ラインを2015年4月の量産開始を目指して建設しておりましたが、テレビサイズの大型化などから、当社フィルムへの市場引き合いは依然と強く、その需要に対応するため、量産開始時期を2カ月前倒しするとの判断に至りました。

なお、第5系列稼働後の液晶テレビ用位相差フィルム供給能力は、既存の4系列と合わせて合計9,500万m/年になります。

※視野角(表示が正常に見える範囲の正面からの角度)

液晶テレビ用位相差フィルム生産ライン、イメージ図
液晶テレビ用位相差フィルム生産ライン、イメージ図

お問い合せ先:

日本ゼオン株式会社

CSR統括部門 広報室

電話:03-3216-2747

このページの情報について問い合わせる

エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ