2016 電池関連市場実態総調査 上巻

2016 電池関連市場実態総調査 上巻

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2016年7月13日 体裁 A4版 386ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 120,000円+税、書籍版+PDF版セット 140,000円+税、書籍版+ネットワークパッケージ版セット 240,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2016 -エネルギーデバイス編-
 ・2016 ブロードバンド・モバイルサービス総調査

調査概要

調査テーマ

『2016 電池関連市場実態総調査 上巻』

調査対象品目 / メーカー

 【二次電池】15品目(+中国編1品目、集計2品目)
 【一次電池】8品目
 【リチウムイオン二次電池用制御部品】4品目
 【リチウムイオン二次電池主要応用製品】12品目
 【取材対象メーカー】
 NEC、NECエナジーデバイス、NECトーキン、FDK、オートモーティブエナジーサプライ、ジーエス・ユアサ コーポレーション、ソニー、東芝、パナソニック、日立化成、日立マクセル、プライムアースEVエナジー
 Kokam、LG Chem、Samsung SDI、SK Innovation
 新能源[ATL]、比克[BAK]、比亜迪[BYD]、中航リ電[Calb]、時代新能源[CATL]、光宇[Coslight]、合肥国軒[Guoxuan]、豪鵬[High Power]、力可興[LEXEL]、天津力神[Lishen]、沃特瑪[Optimum]、福建南平南孚電池、上海白象天鵝電池、
 Duracell、Energizer Battery、EnerSys、E-ONE MOLI ENERGY、Johnson Controls、Saft Group、Spectrum Brands、
 VARTA Microbatteryほか大手電池メーカー

調査期間

2016年3月~2016年6月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第二部

目次

I.電池市場総括編(1)

  • 1.電池市場展望(現状と将来展望)
  • 1)電池・電池制御用部品市場の現状と将来展望(3)
  • [1] 二次電池(15品目)の市場規模推移(3)
  • [2] 一次電池(8品目)の市場規模推移(5)
  • [3] リチウムイオン二次電池用制御部品(3品目)の市場規模推移(5)
  • 2)全体市場動向(7)
  • 3)二次電池市場動向(8)
  • 4)リチウムイオン二次電池市場動向(10)
  • 5)一次電池市場動向(12)
  • 6)リチウムイオン二次電池用制御部品市場動向(13)
  • 7)世界経済が与える電池市場への影響(14)
  • [1] 世界経済の概観(リーマンショック後~現在)  [2] 主要国・地域別経済見通し
  • 2.グローバルにおける主要二次電池市場動向
  • 1)日本・韓国・中国10大リチウムイオン二次電池メーカーの小型民生用リチウムイオン二次電池タイプ別実績推移分析(16)
  • 2)日本・韓国・中国10大リチウムイオン二次電池メーカーの大型リチウムイオン二次電池タイプ別実績推移分析(18)
  • 3)各メーカーの注力電池タイプ/注力応用製品比較(日系3社、韓国系2社、中国系5社)(20)
  • 3.注目電池メーカーの戦略、取り組み
  • 1)主要電池メーカーの位置付け(23)
  • 2)主要電池メーカーの製品ラインナップ及び注力状況(24)
  • 3)主要リチウムイオン二次電池メーカーの展開状況(28)
  • [1] 主要リチウムイオン二次電池メーカーの展開状況、方向性(28)
  • [2] 日系電池メーカーのリチウムイオン二次電池増産計画(31)
  • 4)提携、OEM供給関係相関図(32)
  • 5)電動自動車駆動用二次電池展開状況
  • [1] リチウムイオン二次電池(提携・出資相関図/供給関係/中国リチウムイオン二次電池供給関係)(34)
  • [2] ニッケル水素電池(供給関係)(41)
  • [3] 主要電池メーカーの生産計画(電動自動車向けリチウムイオン二次電池)(42)
  • [4] 大手自動車メーカーの電動自動車投入計画(45)
  • 4.注目用途の展開・需要性
  • 1)主要応用製品の市場規模推移・予測(52)
  • 5.電池、キャパシタ等の競合、棲み分け状況(54)
  • 6.行政・研究機関などのロードマップ策定状況(55)
  • [1] エネルギー貯蔵技術の開発と産業化戦略(K-ESS2020)/韓国知識経済部(韓国)
  • [2] 二次電池の競争力強化に向けた統合ロードマップ/韓国知識経済部(韓国)
  • [3] 二次電池技術開発ロードマップ(Battery RM2010)/NEDO(日本)
  • [4] 二次電池技術開発ロードマップ(Battery RM2013)/NEDO(日本)
  • [5] 自動車用二次電池ロードマップ(Battery RM2013より)
  • [6] 定置用二次電池ロードマップ(Battery RM2013より)
  • 7.市場トレンド・予測
  • 1)二次電池(58)
  • 2)一次電池(63)
  • 8.電池別主要参入企業一覧(67)
  • 1)一次電池・二次電池編(67)
  • 2)中国主要電池メーカー一覧(75)
  • (参考)外資電池メーカー系列企業一覧(80)
  • 3)中国主要リチウムイオン二次電池メーカー分布図(81)
  • (参考資料)主要メーカーのリチウムイオン二次電池のスペック一覧(82)

II.市場編(99)

  • 1.二次電池(101)
  • -1 鉛蓄電池(103)
  • -2 ニカド電池(112)
  • -3 ニッケル水素電池(小型)(117)
  • -4 ニッケル水素電池(大型)(124)
  • -5 リチウムイオン二次電池(シリンダ)(130)
  • -6 リチウムイオン二次電池(角)(138)
  • -7 リチウムイオン二次電池(ラミネート)(145)
  • -8 中国リチウムイオン二次電池(シリンダ、角、ラミネート)(153)
  • -9 リチウムイオン二次電池(車載専用)(159)
  • -10 リチウムイオン二次電池(ESS用/UPS・バックアップ電源用)(187)
  • -11 リチウムイオン二次電池(小型)集計(201)
  • -12 リチウムイオン二次電池(車載用、ESS用)集計(213)
  • -13 リチウム二次電池(コイン)(216)
  • -14 電気二重層キャパシタ(小容量)(222)
  • -15 電気二重層キャパシタ(中・大容量)(228)
  • -16 リチウムイオンキャパシタ(234)
  • -17 ナトリウム硫黄電池(NAS電池)(240)
  • -18 レドックスフロー電池(245)
  • 2.一次電池(251)
  • -1 マンガン乾電池(253)
  • -2 アルカリマンガン乾電池(259)
  • -3 アルカリボタン電池(266)
  • -4 酸化銀電池(272)
  • -5 二酸化マンガンリチウム電池(コイン)(277)
  • -6 二酸化マンガンリチウム電池(シリンダ)(283)
  • -7 塩化チオニルリチウム電池(289)
  • -8 空気亜鉛電池(295)
  • 3.リチウムイオン二次電池用制御部品(301)
  • -1 電池用保護IC (1セル直列タイプ)(303)
  • -2 電池用保護IC (セカンドプロテクションタイプ)(309)
  • -3 電池残量計(スマートフォン向け、ノートブックPC向け)(315)
  • -4 電池用電流制御・遮断器(ポリマーPTC・温度ヒューズ・電流ヒューズ・ブレーカ・ヒューズ+抵抗体)(321)
  • 4.リチウムイオン二次電池主要応用製品(327)
  • -1 ノートブックPC(329)
  • -2 タブレットPC(334)
  • -3 スマートフォン(338)
  • -4 ゲーム機(344)
  • -5 充電式電動工具(347)
  • -6 無人機(Drone)(351)
  • -7 電気自動車(EV)(354)
  • -8 プラグインハイブリッド車(PHEV)(360)
  • -9 ハイブリッド車(HEV)(363)
  • -10 アイドリングストップ自動車/マイクロHEV(367)
  • -11 中国EVバス・特殊車両(370)
  • -12 電力貯蔵システム(377)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ