航空宇宙関連市場の現状と将来展望 2016

航空宇宙関連市場の現状と将来展望 2016

価格 130,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2016年9月6日 体裁 A4版 360ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 130,000円+税、書籍版+PDF/データ版セット 150,000円+税、ネットワークパッケージ版 260,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2016年 エレクトロニクス先端材料市場の現状と将来展望
 ・2016年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『航空宇宙関連市場の現状と将来展望 2016 ~サプライチェーンから市場参入を図る~』

調査目的

航空宇宙分野で有望となる構成部品の市場動向を算出するとともに、サプライチェーンや材料置換の可能性を抽出することで、航空宇宙分野に参入する企業にとって有益なデータを提供することを目的とした。

調査対象

 1.機体構造
  1-[1] 扉部
  1-[2] 胴体セクション
  1-[3] 主翼
  1-[4] 補助翼/エルロン
  1-[5] 尾翼
  1-[6] 中央翼
  1-[7] フェアリング
 2.機内装備
  2-[1] ギャレー
  2-[2] ラバトリー
  2-[3] オーバーヘッド・ストウェッジ
  2-[4] ウォータータンク
  2-[5] 多機能座席・シート
  2-[6] 与圧・空調システム
  2-[7] 読書灯
  2-[8] 旅客娯楽システム(PES)
 3.アビオニクス系
  3-[1] HUD(ヘッドアップディスプレイ)
  3-[2] LCDディスプレイ
 4.システム
  4-[1] 降着装置
  4-[2] フライトコントロールシステム
  4-[3] ワイヤーハーネス
 5.航空機用部品
  5-[1] ベアリング
  5-[2] ファスナー(類)
  5-[3] タイヤ
 6.部材
  6-[1] 炭素繊維(CFRP)
  6-[2] 軽金属(アルミ合金/チタン合金)
 7.エンジン部品
  7-[1] ナセル
  7-[2] タービンブレード
  7-[3] コンプレッサ
 8.バッテリ
 9.マシニングセンタ
 10.空港関連
  10-[1] 航空灯火
  10-[2] 空港内作業車両
  10-[3] 航空管制システム
 11.フライトシミュレータ
 12.ジェット燃料/バイオ燃料
 13.UAV(ドローン)
 14.衛星通信放送サービス
 15.衛星リモートセンシング
 16.ロケット打ち上げサービス
 17.衛星コンポーネント
  17-[1] 太陽光パドル
  17-[2] 熱制御用ヒートパイプ
  17-[3] TTCトランスポンダ
  17-[4] 地球センサ
  17-[5] 計測モニタカメラ
 18.超小型衛星(CubeSat)
 19.ロケット推進用固体燃料

調査項目

 A.総合分析編
  1.航空宇宙市場の2035年までの長期展望(ロードマップ)
  2.航空機市場を取り巻く市場環境
  3.民間航空機市場規模推移
  4.航空機業界のサプライチェーン
  5.航空領域における技術開発体制と新技術動向
 
  6.機体メーカー動向
   6.機体メーカー動向(対象機体メーカー)
   (A)Boeing (B)Airbus (C)Bombardier (D)Embraer (E)COMAC (F)ATR
   (G)UAC(Irkut/Sukhoi) (H)Mitsubishi(三菱重工業/三菱航空機) (I)Honda
   6.機体メーカー動向(共通項目)
   1)部門別体制 2)生産拠点および生産品目 3)主要機体(機材)スペック
   4)供給状況 5)中期的増産計画と次世代機の開発状況 6)現状の課題、今後の展開等
 
  7.航空機業界独自の課題と参入障壁
  8.航空機体の軽量化について
  9.航空会社別機体保有状況
  10.拡大するMROビジネス
  11.UAV(ドローン)について
  12.空港施設について
  13.宇宙関連ビジネス市場とロケット開発と打ち上げ状況
  14.宇宙開発への取り組みと有望宇宙関連ビジネス
 
 B.品目別市場動向編
  (46品目)
  1.品目概要・定義・分類
  2.ワールドワイド市場規模推移
  3.マーケットシェア(2015年実績:グローバルシェア)
  4.コスト動向
  5.各分野における相関関係
  6.現在の課題と将来技術動向
  7.材料置換状況
  8.日本企業参入の可能性

調査方法

弊社専門調査員による直接面接取材及び弊社データベースを併用した。

調査期間

2016年5月中旬~2016年8月中旬

調査担当

株式会社富士経済 名古屋マーケティング本部

目次

A.総合分析編(1)

  • 1.航空宇宙市場の2035年までの長期展望(ロードマップ)(3)
  • 2.航空機市場を取り巻く市場環境(5)
  • 1)独特の産業構造(5)
  • 2)圧倒的な部品点数(5)
  • 3)100席クラス民間航空機の生産増強とリージョナルジェットの需要拡大(5)
  • 4)既存エアラインからLCC(格安航空会社)へ(5)
  • 5)世界的な旅客者数の増加(6)
  • 3.民間航空機市場規模推移(7)
  • 1)旅客機/貨物機別(受注ベース:数量/金額)(7)
  • 2)駆動タイプ別、座席クラス(機体サイズ)別民間航空機市場規模推移(受注ベース:数量)(8)
  • 4.航空機業界のサプライチェーン(9)
  • 1)航空機の基本構成(9)
  • 2)航空機のサプライチェーン(9)
  • 5.航空領域における技術開発体制と新技術動向(10)
  • 1)各国の航空領域における技術開発体制とその取り組み(10)
  • 2)航空機技術開発動向(13)
  • 6.機体メーカー動向(14)
  • (A)Boeing(14)
  • (B)Airbus(47)
  • (C)Bombardier(75)
  • (D)Embraer(88)
  • (E)COMAC(99)
  • (F)ATR(105)
  • (G)UAC(Irkut/Sukhoi)(108)
  • (H)Mitsubishi(三菱重工業/三菱航空機)(112)
  • (I)Honda(115)
  • 7.航空機業界独自の課題と参入障壁(118)
  • 1)日本企業が米国機体メーカーに対してビジネス展開する際の大きな流れ(118)
  • 2)新造部品または特殊な部品加工の場合に必要な認証について(118)
  • 3)アフターパーツについての米国の航空機部品製造認証制度(PMA)について(119)
  • 4)PMA取得のフローチャート(120)
  • 5)航空機業界への参入に必要な点(121)
  • 8.航空機体の軽量化について(122)
  • 1)軽量化材料の市場比較(122)
  • 2)Boeing機における機体部材比率(123)
  • 3)Airbus機における機体部材比率(124)
  • 4)航空機の軽量構造(124)
  • 9.航空会社別機体保有状況(125)
  • 10.拡大するMROビジネス(139)
  • 1)MROの種類(139)
  • 2)部品交換について(139)
  • 3)機体整備の段階、整備頻度、整備内容(139)
  • 4)MROのワールドワイド市場規模(140)
  • 5)世界のMRO企業とその事業領域(141)
  • 11.UAV(ドローン)について(156)
  • 1)UAV(ドローン)の登場によって生まれる新ビジネス領域(156)
  • 2)商用UAV(ドローン)飛行に関連する各国の法規制と法改正の動き(156)
  • 12.空港施設について(157)
  • 1)基本的な空港施設(157)
  • 2)航空灯火について(158)
  • 3)基本的な空港内作業車両による地上支援における機材配置(159)
  • 4)飛行機が出発するまでの流れ(160)
  • 13.宇宙関連ビジネス市場とロケット開発と打ち上げ状況(161)
  • 1)ワールドワイド宇宙関連ビジネス市場規模推移(161)
  • 2)ピギーバック衛星の増加(162)
  • 3)主要ロケット(162)
  • 14.宇宙開発への取り組みと有望宇宙関連ビジネス(163)
  • 1)各国の宇宙領域における開発・研究体制とその取り組み(163)
  • 2)宇宙関連有望ビジネス(176)

B.品目別市場動向編(179)

  • 1.機体構造
  • 1-[1] 扉部(181)
  • 1-[2] 胴体セクション(185)
  • 1-[3] 主翼(190)
  • 1-[4] 補助翼/エルロン(195)
  • 1-[5] 尾翼(199)
  • 1-[6] 中央翼(203)
  • 1-[7] フェアリング(207)
  • 2.機内装備
  • 2-[1] ギャレー(211)
  • 2-[2] ラバトリー(216)
  • 2-[3] オーバーヘッド・ストウェッジ(220)
  • 2-[4] ウォータータンク(224)
  • 2-[5] 多機能座席・シート(228)
  • 2-[6] 与圧・空調システム(232)
  • 2-[7] 読書灯(236)
  • 2-[8] 旅客娯楽システム(PES)(240)
  • 3.アビオニクス系
  • 3-[1] HUD(ヘッドアップディスプレイ)(244)
  • 3-[2] LCDディスプレイ(248)
  • 4.システム
  • 4-[1] 降着装置(252)
  • 4-[2] フライトコントロールシステム(256)
  • 4-[3] ワイヤーハーネス(262)
  • 5.航空機用部品
  • 5-[1] ベアリング(266)
  • 5-[2] ファスナー(類)(270)
  • 5-[3] タイヤ(274)
  • 6.部材
  • 6-[1] 炭素繊維(CFRP)(278)
  • 6-[2] 軽金属(アルミ合金/チタン合金)(282)
  • 7.エンジン部品
  • 7-[1] ナセル(286)
  • 7-[2] タービンブレード(290)
  • 7-[3] コンプレッサ(294)
  • 8.バッテリ(298)
  • 9.マシニングセンタ(302)
  • 10.空港関連
  • 10-[1] 航空灯火(305)
  • 10-[2] 空港内作業車両(309)
  • 10-[3] 航空管制システム(311)
  • 11.フライトシミュレータ(315)
  • 12.ジェット燃料/バイオ燃料(319)
  • 13.UAV(ドローン)(323)
  • 14.衛星通信放送サービス(327)
  • 15.衛星リモートセンシング(331)
  • 16.ロケット打ち上げサービス(334)
  • 17.衛星コンポーネント
  • 17-[1] 太陽光パドル(338)
  • 17-[2] 熱制御用ヒートパイプ(342)
  • 17-[3] TTCトランスポンダ(345)
  • 17-[4] 地球センサ(349)
  • 17-[5] 計測モニタカメラ(352)
  • 18.超小型衛星(CubeSat)(355)
  • 19.ロケット推進用固体燃料(358)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ