セミナー:現場で役立つ! 押出成形トラブル対策(2017/01/30 (月):東京・大田区)

<E-mail案内登録会員 5%OFF!>

サイエンス&テクノロジー(株) セミナー情報

現場で役立つ! 押出成形トラブル対策

ウェルドライン、ブリード、目やに、メルトフラクチャー、ヤケ、ボイド…etc
押出成形トラブルの類型・原因とその対処策 教えます

  • 押出成形時に発生するトラブルの類型やそれぞれの原因、さらには実践的な対処方法を解説
セミナー番号 B170140(押出成形トラブル)
講 師 西澤技術研究所 代表 西澤 仁 氏
対 象 初級者、中級者を対象とした実践的な内容にする予定です
日 時 2017年01月30日(月) 10:30~16:30
会 場 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6F D会議室 【東京・大田区】
聴講料 45,000円+税(資料・昼食付)
⇒E-mailまたは郵送DM案内登録会員価格 42,750円+税
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。
主催 サイエンス&テクノロジー(株)

得られる知識

・押出機の基本的な知識
・押出加工技術の基本
・押出成形時に発生する各種トラブル対策
・加工に適した材料選択方法
・最近の押出加工技術動向
・特にトラブル対策に重点を置いた内容が把握できる

趣旨

 基本技術と中級技術まで平易に解り易く説明し、最後に代表的な製品の押出技術Q&Aを付けて参考に供したい。

プログラム

1.押出成形の基本技術
 押出機の選択、ホッパー、スクリュー、ブレーカープレート、ヘッド、ダイの設計の基本技術

2.高分子材料の粘弾性と加工性指標
 2.1 粘度(流動性)
  2.1.1 非ニュートン流動挙動とパワーロー方程式
  2.1.2 せん断速度依存性、温度特性
 2.2 圧力損失(圧力低下)
  2.2.1 バーグレイプロットによる測定法
 2.3 応力緩和

3.押出加工における材料の流動挙動
 ゴム、プラスチックスの流動性の比較 (主としてバレル、スクリューにおける流動)

4.押出成形トラブル対策
 4.1 外観不良
 4.2 ダイ膨張
 4.3 ウエルドライン(融着線)
 4.4 目やに
 4.5 メルトフラクチャー
 4.6 ゲル化、ヤケ
 4.7 発泡、ボイド
 4.8 脈動、外径変動
 4.9 ブルーム、ブリード、表面析出

5.押出機の最近の進歩
 5.1 スクリュー、2軸押出機、オンライン計測
 5.2 伸長流動を考慮した押出技術

6.押出技術Q&A:代表的な押出製品例55例

□ 質疑応答 □


<確認事項>

  • その他、ご不明な点は備考欄にご記入ください。

サイエンス&テクノロジー(株) 技術セミナー情報

開催日地区セミナータイトル

すべての技術セミナー情報