セミナー:高分子材料における相溶性の基礎とポリマーブレンド、アロイへの応用(2017/02/28 (火):東京・江東区)

案内登録(無料)者限定サービス 1名分料金で2人目無料!

(株)R&D支援センター セミナー情報

高分子材料における相溶性の基礎とポリマーブレンド、アロイへの応用

セミナー番号 170247
講 師 滋賀県立大学 工学部材料科学科 教授 博士(工学) 徳満 勝久 氏
専 門 ・マテリアルライフ学会副会長、論文審査委員長
・日本材料学会・高分子材料部門委員会委員長
・プラスチック成形加工学会関西支部副支部長

【ご専門】 高分子物性、レオロジー、高分子ブレンド材料

会 場 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室 【東京・江東区】
日 時 2017年02月28日(火) 12:30~16:30
定 員 30名  ※満席になりましたら締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料 無料案内の登録をされない方
 1名につき49,980円(税込)
無料案内の登録をされる方(申込フォーム記入時に登録できます)
 1名でお申込みいただいた場合、1名につき47,250円(税込)
 2名同時にお申し込みいただいた場合、2人目は無料(2名で49,980円(税込))
  ※ただし、2名とも案内登録をしていただいた場合に限ります。
大学生、教員の方 1名に付き受講料10,800円(税込)です。
※ただし、企業に在籍されている研究員の方は除きます。また、2人目無料も適用外です。
特 典 資料付
主催 (株)R&D支援センター

受講対象・レベル

プラスチック成形加工業務にたずさわっている若手技術者や新人の方

必要な予備知識

特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします

習得できる知識

・ポリマーブレンドおよび相容化剤の基礎的な知見が習得できる
・ポリマーブレンドの物性評価方法が理解できる

趣旨

 Utracki の試算によれば、「新規高分子材料の開発研究」には開発費用として1500万ドルが必要であり,パイロットプラントまで含めると1億5000万ドルもの費用が必要と推察されている。一方、機能性賦与に既知ポリマーを利用する“ポリマーブレンド”技術を用いた場合、その開発費は200万~300万ドルと試算されており、費用対効果が高い材料開発が可能と推察されている。そのため、今まで数多くのブレンド材料が研究され、開発されてきたが、これからは従来の機能に「+1(プラスワン)」した新たなポリマーブレンド材料が望まれている。
 本セミナーは、従来のポリマーブレンドに関する基礎的内容から相容化剤を用いた成形加工技術への応用に至る幅広い技術体系を俯瞰し今後の新たな新ポリマーブレンド材料創成に向けた知見の習得を目指すものである。

プログラム

1.ポリマーブレンド・アロイにおける構造制御メカニズム
 1-1. ポリマーブレンド・アロイの相分離構造の特徴
 1-2. “混ざる,混ざらない”は何が決めているのか?
 1-3. 非相溶系の分散メカニズムーモルフォロジーの制御と界面張力の制御ー

2.RP法によるPP/PA/相容化剤ブレンド材料の物性改質効果
 2-1. RPにおけるブレンド原料投入時期の違いによるPP/PA系材料の力学特性
 2-2. PP-g-MAH相容化剤におけるPP分子量とマレイン酸変成量の影響について

3.RP法によるPBT/エラストマー/相容化剤ブレンド材料の物性改質効果
 3-1. RP法によるPBT/エラストマー/相容化剤ブレンド材料の物性改質効果
    -耐衝撃性向上効果に関する粘弾性的解析-
 3-2. 複合則と相分離状態の考察

4.PP/EVOH系ブレンド材料のモルフォロジーとガスバリア性に関する研究
 4-1. PP, EVOHの特徴
 4-2. ホットプレス法により調製されたブレンドフィルムの力学物性とガスバリア性
 4-3. ブロー成形法により調製されたブレンドフィルムの力学物性とガスバリア性

【質疑応答・名刺交換】


キーワード:相溶性,相溶化剤,ポリマー,ブレンド,アロイ,セミナー,研修,講習


<確認事項>

  • その他、ご不明な点は備考欄にご記入ください。

(株)R&D支援センター 技術セミナー情報

開催日地区セミナータイトル

すべての技術セミナー情報