粘着剤・接着剤市場 世界市場

マーケット情報TOP
合板、木工、包装、製本、紙加工、土木、建築、エレクトロニクス、自動車・車両などあらゆる分野で使用される様々な粘着剤&接着剤は、ワールドワイドの市場規模が2013年で599万t/2兆円超となり、2018年には737万t/2.4兆円にまで拡大すると予測される。

今回は、国内市場ではやや成熟感があるものの、ワールドワイドでは、まだ成長過程にある当該市場を反応形、ホットメルト形、水性形、感圧形、縮合形、溶剤形の形態別に区分し、その市場を俯瞰してみた。

◆粘・接着剤の形態別市場規模推移(ワールドワイド)
摘要数量(t)金額(百万円)
2013年
(実績)
2014年
(見込)
2018年
(予測)
2013年
(実績)
2014年
(見込)
2018年
(予測)
反応形374,370392,305475,115498,380517,600604,450
溶剤形230,000238,000274,000101,600105,200121,500
水性形2,387,3002,472,5002,859,100449,000464,800527,400
ホットメルト形1,443,1001,531,3001,938,500688,800715,600856,000
感圧形1,552,0001,602,0001,824,000265,200272,200303,400
合計5,986,7706,236,1057,370,7152,002,9802,075,4002,412,750
富士経済調べ

金額ベースでは2013年時点でホットメルト形が市場の約34%を占め、次いで反応形が約25%、水性形が22%を占め、3形態合計で約82%を占めている。2018年においてもホットメルト形を中心に上記の3形態を軸とした市場形成が続くと予測される。

数量ベースでは、2013年に水性形が約40%を占め、次いで感圧形、ホットメルト形が続いている。

ホットメルト形接着剤は紙おむつ等衛生材に使用されるエラストマー系ホットメルトと、包装用/製本用等に使用されるEVA樹脂系ホットメルトが需要の中心である。中国、東南アジア等をはじめとした新興国における需要拡大によって今後も高い成長が予測される。

反応形においては、エポキシ樹脂系接着剤が2013年に数量ベースで約87%、金額ベースで41%を占める。2018年にはさらにシェアを高め、数量ベースで88%、金額ベースで43%となると予測される。

水性形は、アクリル樹脂系エマルジョン形接着剤、酢酸ビニル系エマルジョン形接着剤の比率が高い。

溶剤形はCR系溶剤形接着剤と非晶性ポリエステル樹脂、感圧形はアクリル樹脂系エマルジョン形粘着剤が主力製品となっている。

■国内市場の状況
2013年の国内粘・接着剤市場はおよそ2,660億円で、世界市場の13%程度のシェアとなっている。反応形が国内市場の34%を占め、ホットメルト形が同26%と続いている。

反応形は使用量の多い建築や土木、エレクトロニクス、自動車・車両分野で利用され、接着強度、硬化速度、柔軟性、無黄変などの性能をコントロールしやすいことが評価されている。ウレタン系、シリコーン系、エポキシ樹脂系素材の製品が主力であり、この3つの素材系製品で反応形の国内シェア70%を占めている。

ホットメルト形は紙おむつなどの衛生材向けで需要が伸びているエラストマー系と、各種包装や製本で使用するEVA(エチレン酢酸ビニル)樹脂系が中心である。当該製品は無溶剤で環境負荷が低く、接着が速い特性が生産性の向上につながるため、用途によっては溶剤形や水性形に代わる接着剤として普及が進んでいる。

水性形は環境性能に優れ、合板や木工、建築、包装・製本、紙加工の分野で幅広く利用されている。

2018年までの市場見通しは、反応形やホットメルト形が微増であるのに対し、縮合形や水性形は縮小する方向にある。

◆市場規模集計の対象とした製品の区分
形態品目
反応形シアノアクリレート系接着剤(瞬間接着剤)、シリコーン系接着剤、変性シリコーン系接着剤(変性シリコーン系弾性接着剤)、ウレタン系接着剤(無溶剤形、溶剤形)、エポキシ樹脂系接着剤、第2世代アクリル系接着剤(SGA)、紫外線硬化形接着剤、嫌気性接着剤、シリル化ウレタン系接着剤(シリル化ウレタン系弾性接着剤)
ホットメルト形ウレタン樹脂系反応型ホットメルト形接着剤、エラストマー系ホットメルト形接着剤、オレフィン系ホットメルト形接着剤、メタロセンPO系ホットメルト形接着剤、ブチルゴム系ホットメルト形接着剤、EVA樹脂系ホットメルト形接着剤、ポリエステル系ホットメルト形接着剤、ポリアミド系ホットメルト形接着剤、フィルム状ホットメルト形接着剤
水性形アクリル樹脂系エマルジョン形接着剤、EVA樹脂系エマルジョン形接着剤、酢酸ビニル系エマルジョン形接着剤、水性高分子・イソシアネート系接着剤
感圧形アクリル樹脂系溶剤形粘着剤(外販)、アクリル樹脂系エマルジョン形粘着剤(外販)
縮合形ユリア樹脂系接着剤、メラミン樹脂系接着剤、フェノール樹脂系接着剤
溶剤形CR系溶剤形接着剤、非晶性ポリエステル樹脂
参考文献:「2014年 粘・接着剤市場の展望とグローバル展開」
(2014年08月07日:富士経済)

エンプラ関連専門サイト EnplaNet Books


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ