ポリウレタンの原料・製品の世界市場 市場動向2

マーケット情報TOP
■ポリウレタン製品の世界市場
 
 2015年見込2019年予測2015年比
合計8兆5,197億円9兆4,456億円110.9%
ウレタンファーム5兆7,970億円6兆3,320億円109.2%
非フォーム2兆7,227億円3兆1,136億円114.4%
富士経済推定

ポリウレタン製品は、成型時に発砲させたウレタンファームと発砲させない非ファームに分けられる。

■ウレタンファームの世界市場
1.世界市場規模予測
 2015年見込2019年予測2015年比
ウレタンファーム合計5兆7,970億円6兆3,320億円109.2%
硬質ウレタンファーム2兆8,450億円3兆800億円108.3%
軟質ウレタンファーム2兆9,520億円3兆2,520億円
富士経済推定

ウレタンフォームはポリウレタン樹脂の弾性によって硬質と軟質に分かれる。

硬質ウレタンフォームは建築物や冷蔵庫の断熱材などに使用される。世界各国で省エネ化が進められていることから建築物用断熱材の需要が大きいが、中国では建築物用断熱材に対する難燃規制が厳しく、住宅向けを中心に需要が伸び悩んでいる。一方、中国は冷蔵庫の世界最大の生産国であり、冷蔵庫用断熱材としての需要が大きい。

軟質ウレタンフォームは自動車用シートクッション、寝具家具などに使用される。主な需要地は、自動車生産台数が最も多く、家具の生産数増加が続いている中国、寝具の生産が多い欧米である。寝具はスプリング式ベッドとの競合があるものの、フォームの柔軟性が評価され、需要が増加している。

■非ファームの世界市場
 2015年見込2019年予測2015年比
非フォーム 合計2兆7,227億円3兆1,136億円114.4%
ポリウレタン系塗料7,271億円8,228億円113.2%
スパンテックス3,876億円4,512億円116.4%
グラビアインク3,598億円3,904億円108.5%
人工皮革3,024億円3,816億円126.2%
合成皮革2,916億円3,300億円113.2%
TPU(熱可塑性ウレタンエラストマー)2,280億円2,700億円118.4%
ウレタン系シーリング材1,611億円1,717億円106.6%
ウレタン系接着剤1,216億円1,317億円108.3%
CMBパッド745億円863億円115.8%
電子基板用注型材335億円388億円115.8%
TSU(熱硬化性ウレタンエラストマー)233億円265億円113.7%
ウレタンビーズ122億円126億円102.9%
富士経済推定

非フォームはエラストマー、人工皮革、合成皮革、スパンデックス、塗料、インキ、接着剤、シーリング材など、様々な用途があり、特に注目されるのは塗料向けである。

ポリウレタン系塗料は耐水性、耐薬品性、耐候性に優れることから、建築物・公共構造物、船舶の防食、自動車補修など幅広い分野で用いられる。最も需要が大きいのは中国であり、塗料に対するVOC規制強化も進んでいることから、今後の需要増加が期待される。

しかし、中国を含むアジアでは耐久性よりも低価格であることが求められ、橋梁など公共建造物の重防食用にもアクリル系塗料が使用されることも多いため、メーカーはコストダウンに注力している。

参考文献:「2016 ポリウレタン原料・製品の世界市場」
(2016年01月07日:富士キメラ総研)

エンプラ関連専門サイト EnplaNet Books


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ