4K・8K関連市場の展望 市場動向3

マーケット情報TOP
今後4K、8Kの高精細動画像の開発により注目される市場を解説する。

■放送局/プロダクション関連の世界市場
 2015年2025年予測2015年比
業務用ビデオカメラ1,518億円1,526億円100.5%
 4K以上371億円
(24.4%)
1,344億円
(88.1%)
3.6倍
放送局用モニター455億円570億円125.3%
 4K以上10億円
(2.2%)
500億円
(87.7%)
50.0倍
※( )構成比富士キメラ総研推定

世界市場では、業務用ビデオカメラや周辺機器を含め4K化が進んでおり、さらに4Kパネルの低価格化により、2017年以降は4Kモニターが増加するとみられる。また、日本や韓国など8K実用放送開始を背景に、マスターモニターを中心に4Kから8Kへシフトが進むと予想される。

国内市場でも4K化が進み、8K実用放送開始とともに8Kへのシフトも進むとみられる。業務用ビデオカメラは、「東京五輪」開催を背景に、4K対応機器の需要増加と2017年以降のリプレース需要により市場拡大が予想される。

■医療関連の世界市場
 2015年2025年予測2015年比
医療用ディスプレイ929億円1,226億円132.0%
 4K以上4億円
(1.2%)
43億円
(3.5%)
17.8倍
手術用顕微鏡システム440億円800億円181.8%
 4K以上256億円
(32.0%)
外科内視鏡4,180億円7,593億円181.7%
 4K以上僅少1,710億円
(22.5%)
※( )構成比富士キメラ総研推定

世界市場では、医療用ディスプレイの4K・8K需要の中心は日本、北米、欧州、韓国などとみられる。手術用顕微鏡システムでは、4Kや3Dを活用した機器の需要が日本、北米、欧州などの先進国が中心で、日本や北米では、今後4K・3Dを活用した手術に用いられるとみられる。4K機器は先進国に浸透後、アジアやその他地域でも導入が進むと予測される。

国内市場では、4K・8K対応カメラ/ディスプレイは、肉眼視では困難な極細の縫糸や血管を見ることが可能なため、効率的な手術が期待できる。手術用顕微鏡システムは、眼科や外科で需要がある。コンバーターやディスプレイ、レコーダーなどの周辺機器の製品化が遅れているため、4K・8K対応機器普及のためには、各種規格の標準化が求められる。また、4K・8K対応機器のユーザーはまずは大学病院など大規模医療施設が中心となるため、市場は徐々に拡大していくと予想される。

■デジタルシネマの国内市場
 2015年2025年予測2015年比
映画用スクリーン数3,4373,600104.7%
 4K以上1,100
(32.0%)
3,300
(91.7%)
3倍

2015年末の全国映画用スクリーン数は3,437スクリーンであり、うち97.5%の3,351スクリーンがデジタル化されている。4Kデジタルシネマプロジェクターが導入されているスクリーンは1,100スクリーンとみられる。ただし現状上映される作品は、4K作品が月間1~2タイトルと少ない。導入されている投影機は、2007年より4Kプロジェクターを展開してきたソニーのLCOS(SXRD)方式がほとんどであり、DLP方式は数十台規模の導入にとどまっている。

4Kプロジェクターは、リプレースが加速する2017年以降となるほか、映画館/シネコンのスクリーンサイズでは、人間の視覚として既存2Kと4Kの画質面の差が認識しづらいうえ、高コストになる点がDLP方式の4Kモデルの導入の阻害要因となっている。

参考文献:「4K・8Kビジネス/市場の全貌 2016」
(2016年02月25日:富士キメラ総研)

メディカルソリューション、人工知能など注目業界特集


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ